<夢占い>岡崎での試写会前にカツラを脱ぐ

・・岡崎市内の山あいの中の、元々ショッピングセンターだった処で今は整地(地面はきれいにアスファルトで固められていた)されている広い敷地を自分は歩きながらグルリと広大な景色を見渡す。

・・スイスのような外国っぽい感じに見えた。

将来、外国の或る会社がここに工場を誘致する計画があるという。

その隅の一画に小さな映画館がひっそりある。

そこで会社Tの作品の?試写会の為?290人の入場者があったことを地元の人に言うとビックリされた。そこの普段の客数はというと数人の規模だからと言う。

そして午後4時から自分も加わって創られたTの作品の試写が始まるというので急いで入る。そして食堂のような所にいた職員らしき人に試写室の場所を聞いているうちに仲間(スタッフ?)の声がチラホラ聞こえてきたのでまだ試写が始まっていないことが判った。

余裕を持って自分はトイレに入り、鏡を見ると、こんもりとした髪に覆われている。すぐにカツラだと思い、ひとつ、そしてまたひとつと脱ぎ髪を整えて試写室へと向かう。

 


<夢分析>・・・髪の悩みによる思いグセとしてカツラがでてくる中、ひっそりと佇む映画館での試写会。そのもの大々的でなく小規模に行っていることから自分の創造的自信の無さがニュアンスされる。

2012/10/7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です