<夢占い>前髪は禿げるは白髪になるはでショック

(その1)
仕事をしていると、引越し作業のように撮影機材のようなものを運んだりしている会社TのNさんを見かける。自分は身をNさんに解らせないように背を向けて仕事を続ける。しかしNさんが傍を通りかかった時「ご苦労様。」と、声を掛けられると自分は照れながら「イ~ス!」と返答する。

その時、これから制作に入るのか”悟られざる音”という作品の台本を見かける。

その後、自分は仕事を終え車で帰ろうとする際、傍にAフィルムのNさんがいて、一緒にどうだ?と言うと、ちょうど近所の人がいるのでその人に乗せてもらって帰ると言う。そして自分は帰ろうとすると傍に北野武氏がいて自分は昼間のことを話す。「”悟られ~”の台本を見かけたけど近々撮影?」

(昼間の時は制作主はNさんだったけど、ここでいつの間にか北野武氏に変わっていた)

・・武氏はにこやかにオノマトペを使いながら、いろんな音に関するドキュメンタリーを近々やろうとしていると話す。

 

 

 
(その2)
バスケットをプレーしているちょっと前の自分の姿をみる。後ろに垂れ下がる髪がものすごく長く今の自分がいかにサッパリしたかを知る。

 

 

 
(その3)
歩いている自分の姿を見ると前髪が禿げていて、それを隠す為一度俯いて後ろの髪を前に持ってこようとする。すると、白髪混じりの全体的にグレー系の年寄りのような髪になってしまった。少しショックだった。

 


<夢分析>・・・三本のうちの二本が髪の毛絡みとなってる。特に(その3)は再び禿げ関連だ。自分にとってカエルものの夢と同様に見たくないと思っていても心が(無意識・深層心理)が夢となって表れることから今日も見せられた禿げものの夢。これはしょうがない。

2011/11/17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です