(小説・エッセイ)『大根役者・初代文句いうの助』

文句いうの助1文句いうの助1

伊藤雄之助著『大根役者・初代文句いうの助』(1968)

・・古今東西洋画邦画あわせてお気に入りの俳優は誰かというと自分は真っ先に伊藤雄之助さんを挙げる。だから偶々みつけたこの本を買った(手にとるまで本の存在を知らなかった)。こんな本あったんだぁ~と。・・だから古書店っていいんだよね。

・・個人的役者の趣向(どういうタイプ)かを改めて思うと、やっぱりバイプレイヤーの方に目がいってしまう。キラキラする主役級にはあまり関心がないのかな? というか、バイプレーヤーこそ芝居の素晴らしい人が多いんじゃないかな。1番も2番もないけど挙げていくと、笠智衆さん、三井弘次さん、志村喬さん、左卜全さん、雄之助さん・・共通性あるかな? このあたりの役者さんが出演する映画はなんかチェックして観てしまうんだな。そうやって考えると最近の役者さんでいうと・・笹野高史さんのような何でもこなせられるような人かな・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です