(小説・エッセイ)『星が吸う水』

星が吸う水1星が吸う水2

 

村田沙耶香著『星が吸う水』(2010年)講談社文庫

 ・・女性からの積極的オープンな性(性欲)へのとりくみ(行動)描写には最初(現実的にありもしないような)AVっぽいなぁと思ったことも正直なくはなかったけど、世の中男も女も老いも若きも欲望は普通にあるもの。けっしてウソごとでもなく人それぞれによっては毎日毎日疼いているヒトやことも多々あると思われるよね。

・・(たぶん?)著者による自伝(体験談)でなく作家としての創造で書かれた作品であろうはずだけど(・・もしかしたら身近な知り合いにモデルとなる人物がいる?)、あらためて・・おっとりとした物静かそうに見える外見の村田沙耶香さんからは想像できないほどの・・怖ろしい・・。感服。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です