(小説・エッセイ)(日野啓三)『日野啓三自選エッセイ集~魂の光景~』

魂の光景1魂の光景2

 日野啓三著『日野啓三自選エッセイ集~魂の光景』(1998年)集英社。

~~まず日野啓三作品のなにが良いかって・・本編を読む前からして本の装丁意匠が良い。一幅の絵画を買うようなものでもある。もぅそれだけでも満足。例えて云うなら映画「007シリーズ」の本編前のタイトルデザインのようなもの。本編をもぅ観た感、読んだ感になってしまうほど、そんな感触が日野作品にはある~~

・・まずなにより表紙の砂丘写真に目がとまり、しかも日野作品とあって即座に購入。本の中に写真に関しては記載されてないのだが、他の日野作品『砂丘が動くように』もあるくらいなので、たぶん鳥取の砂丘であろうと自分は推測する。

この本のエッセイでは嬉しいことに夢に関しての作品も多々書かれていて、特に埴谷雄高の『闇のなかの黒い馬』について多く書かれていて難しかったけど読み応えあったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です