(小説・エッセイ)(日野啓三) 『光』

光1光2

    日野啓三著『光』(1995年)文藝春秋。

~~まず日野啓三作品のなにが良いかって・・本編を読む前からして本の装丁意匠が良い。一幅の絵画を買うようなものでもある。もぅそれだけでも満足。例えて云うなら映画「007シリーズ」の本編前のタイトルデザインのようなもの。本編をもぅ観た感、読んだ感になってしまうほど、そんな感触が日野作品にはある~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です