(小説・エトセトラ) 『嫌われる勇気』

嫌われる勇気1嫌われる勇気2嫌われる勇気3

 岸見一郎・古賀史健著『嫌われる勇気~自己啓発の源流「アドラー」の教え~』(2013年)。ダイヤモンド社。

・・まず、本の表紙の地の色の青さが画家難波田龍起の作品を思わせるようでいいね。先月(2016年2月)ひと月(4週)にかけて観たNHK Eテレ「100分de 名著(指南役はこの本の著者の岸見先生だったね。おっとりした感じの先生自体を見てるだけで癒された。)」でのアドラーの魅力を知って以来、貪るほどではないにしろ何冊か購読した中で、本の形式(青年と哲人との会話形式で進行)の良さと判り易さとでいいなと思った1冊。そしてこの本を読んで以来生活する上で気持ち的にもより楽になったような・・。

夢に関心を持つ自分にとって、フロイト、ユングまでは常識のごとく認知してはいたが、正直勉強不足でアドラーの存在までは知らなかったのだが(ちょっと恥ずかしいというか、引け目を感じた)、「100分~」のおかげで、こんな、まさに哲人が居たとはといたく感銘した。

・・どの教訓が気にいったとか、どの教えが心に響いたかをここでクドクド書くとキリが無いので(みんな響いたと云ってもウソにはならない)やめとくが、まぁ、ひとつ書くとすると、これからも生きていくうえでは先々を見据えることなく(これといった目標を立てず?)過去を振り返ることなく、今(今のライフスタイル)を真面目に真剣に生きていくこと・・これかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です