(映画パンフレット)『ディープ・スロート』

ディープ・スロート1ディープ・スロート2

 

 ジェラルド・ダミアーノ監督作品『ディープ・スロート』(1972年)。

中身(内容)以前に映画自体の存在そのものからして映画史に残るカルトムービー。一時間ほどの上映時間内に延々と行為が続く乱交ムービー。

初めて観たときは(それまではさすがに題名は知ってたものの内容はまったく知らなかった)乱交ぶりの衝撃よりも、まるでこの映画はミュージカル映画か? (ポルノ版tommyか?リトルショップオブホラーズか?)など思わせるくらい歌(🎵ディ~プスロ~ト・・など歌もあったね)が被さり続くなど終始笑いっぱなしだったかな。

映画のノリ(におい)が70年代の香港映画を思わせるレトロなチープさなど個人的には感じたり、短いカットでつなぐ鐘(どっかの教会?で撮影されたものあったが、怒られなかったのかな?)、花火、爆発、ロケット発射などなど・・もぅ、もはや猥褻を超えたおバカムービー・・と自分は感じたかな。

中身はどおってことないので、やはり主演のリンダ・ラブレース(今は亡き)という人物を覚えるだけでも価値があると思う。

さらに後日観た制作背景のドキュメンタリー「インサイド・ディープ・スロート」・・これまた更に面白い。

(追)ちなみにこのパンフ内のスナップ写真をたとえ掲載するとしてもモザイクのオンパレードになってしまうような、パンフ版 R指定もの

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です