(映画パンフレット) 『つぐみ』

つぐみ1つぐみ7

 よしもとばなな原作、市川準監督作品『つぐみ』(1990年)

・・ユーモアありながらも女の園に満ちた中でとげとげしくも痛々しくも少女たちの甘酸っぱい映画に心から堪能した。ただ全編に抑制の効いた静かな映画で、これは万人受けする映画ではないな?

なんといってもこの映画は”山本つぐみ”の圧倒的な存在感につきる。牧瀬里穂さんが”つぐみ”(悪意反面純朴さがのり移ったようだった)を演じてるのを観たというよりも、”つぐみ”そのものを全編観てるようだった。もう観てて可愛らしく思え、悪態をつけばつくほど痛々しくも健気に(まるで子犬の泣き叫びのよう)見えたものだった。ただ、可愛らしく見えたのは他人事だからで身近にこんな娘がいたら迷惑で厄介で苦労するよね。

他の登場人物に「ふたり」の中島朋子さん、「桜の園」の白鳥靖代さんなど、長編第一作の「BUSU」で富田靖子さんを美しく撮られた監督ぶりとあって皆チャーミング。

自分は、ばななさんの原作は読んでいないので詳しいことはわからないのだが、この”つぐみ”にはモデルがあったのだろうかと思ったりも。

・・”つぐみ”も恋するひとりの女の子なんだね。

追記として20年以上経って映画を見返してふとつぶやいたこと・・「吹越さん、あがたさん、若いなぁ~。あれ?”Yonchome Cafe”だ!」など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です