(映画パンフレット) 『コクーン』

コクーン1(改)コクーン2(改)

  ロン・ハワード監督作品『コクーン』(1985年)。

・・公開時観に行った映画館ではジャッキー・チェンの「ポリスストーリー/香港国際警察」と併映されてて当時の自分としては正直ジャッキーの映画をメインに、ついでの同時上映として『コクーン』をと、みてたのだが、結果、「ポリス~」も良かったが、記憶に残る方としてはこの作品に軍配。

青色の映える海洋もので、やさしい登場人物たちによるSFファンタジーが心地よく観られ音楽のジェームス・ホーナーのスコアの中、宇宙船へ船ごと上っていくラスト(ちょっと「未知との」に似てる?)は心から”良かった良かった!”と感動。

出演者としては初々しいタニー・ウェルチばかり目で追いながらのベテラン女優ジェシカ・タンディやヒューム・クローニンといった老齢俳優たちの癒される朗らかな芝居に満足。「ネバーエンディング・ストーリー」のバレット・オリバー君もあどけなく可愛らしい。

・・ただ・・、強引にその後の話をつくったような続編ができ個人的にはちと残念に思ったことだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です