(映画パンフレット) 『二十四の瞳』

二十四の瞳(映)1二十四の瞳(映)2

  壺井栄原作、木下恵介監督作品『二十四の瞳』(1954年)。

・・わかってはいても観るたび毎度泣かされる不朽の名作。特にバックで流れる(歌われる)”七つの子”を聞くとパブロフの犬の涎のように自然にジワ~と涙が(年取るとともにジワ~じゃなくなりグズグズになってく)出てくる。

先生役の高峰秀子さん(デコちゃん)も初々しくていいけど、やっぱり子供たちの無垢な眼差しには本当に参ってしまう。

・・パンフレットに関しては『東京物語』同様、頁数の少ない見開きで情報量が少ないが持っているだけでも価値があると自分は思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です