(書籍・エトセトラ) 『ゆっくりしいや』

ゆっくりしいや1ゆっくりしいや2ゆっくりしいや3ゆっくりしいや4ゆっくりしいや5

 清水寺貫主・大西良慶著『ゆっくりしいや~百年の人生を語る~』PHP研究所(1976年)。

・・まさにタイトルがすべてであった。中味も碌に見ずに購入した本。ただ、いざ読むと片苦しいこともなく、説教ぶってもなく、楽しく読んだ。

感じとしては深沢七郎さんのエッセイを読んだ感じが近く、真面目な中にユーモアも多くあり期待以上に得たものがあった。

あとこの本の表紙を額に入れて飾ったって案外とサマになるかも。

最後に、これ冗談でなくこの本(タイトル)のお陰で今や自分もおごることなく、慌てることなく、焦ることなくコツコツと淡々と暮らしている・・つもり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です