(書籍・エトセトラ) 『読書の技法』

読書の技法1読書の技法2読書の技法3読書の技法4読書の技法6読書の技法5読書の技法7

   千田啄哉著『読書の技法』(2013年)。

 ・・まずこの本に関しては、続けて千田著の本を読んでているなか、他の作品の紹介内でこの本のタイトルだけで購入。

マニュアル本として購入したのではない。

他の小説、エッセイと同じく一冊の本の中で参考になった一文や単語を少しでも多く知るために購入して読んでるようなもの。だからとばし読み、拾い読みしながら気に入った一行に線を引き、ふと思いついた時に再び読む(線の引いた部分や付箋を貼った頁など)ことをしている。

・・技法ではないが、なにも買ったからといって全部読む必要もなく(古本ライターの岡崎さんも公言している)、以前に買った本の中でまだ読まずに積んでいるだけの本も多数ある。

読書は自分にとっていわばプチ中毒のようなもの、~~の為に本を読むということではなく次から次へと知識を増やしながら興味を増やしながら連鎖による娯楽とでも云おうか。ということから、好奇心が途絶えなく次から次へと買ったは良いが読むのに追いつかなく積読にもなってしまいがちな今日このごろ・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です