(書籍)(夢に関する本)『人はなぜ夢を見るのか ~夢科学四千年の問いと答え~』

人はなぜ夢を見るのか1人はなぜ夢を見るのか2

 渡辺恒夫著『人はなぜ夢を見るのか ~夢科学四千年の問いと答え~』(2010)DOJIN選書

・・帯の「夢の謎にどこまで迫れるか」に惹かれて購入。出版年代が前後するが以前読んだ「夢の現象学・入門」に次いでの同著者の作品の2冊目を読む。

・・たしかに専門的な教授(先生)の書いたものだからなのか、過去の学説、歴史的事項、多くの偉人、専門用語など紹介されてるが、これといって刺激的に得たもの(へぇ~そうだったのか)と心から得たものは無かったな。だいたい著者自身「・・こんなこといってはいけないかもしれないが、夢の神秘について近づいたことも肝心かなめのことを知ったという気がしない・・」など書かれているなど、まだ夢の世界について解からない部分もあるんだしね。

・・自分自身としても最近興味ある方面として日々みる夢を脳内の整理や記憶や無意識の要素が見させている(説)というよりも、アストラル界(エーテル界)においての異界旅行とした捉え方に注目している昨今。

・・本作の著者は「夢の現象学」としてブログに夢日記など公開してると知ってさっそく見てみる(このことが一番面白く得たものかな)。自分もこれからも続けていこうと意欲が湧いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です