(自作陶芸作品) 平皿”笹”

焼き魚用平皿”笹”

   焼き魚を載せる用などの平皿。

・・いっちょまえに墨絵風の笹の葉などを描いてみたり。ただし造形する際、オヴジェ的要素(つまりはカタチ)の凝りにばかり囚われてしまいサイドの部分が縁のないものとなってしまった。実用を考えるとこれじゃ汁もの、水ものとしての皿はキツク(普通にこぼれてしまう)、調理した魚など載せて上から醤油などかけてもこぼれてしまうんじゃないかと後になって反省。当然ながら煮魚なども載せられないんじゃないかな。なので当初のイメージは魚を載せるものだったのだが、しいて云えば刺身、あるいは調理したものとして漬物や唐揚げ物などの乾き物に限ってしまうことになった。

・・まぁでもこれもよしとしよう。

・・現在、実家にて活用(?)中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です