(書籍)(龍安寺石庭) 『謎深き庭 龍安寺石庭』

謎深き庭 龍安寺石庭1謎深き庭 龍安寺石庭2

  細野透著『謎深き庭 龍安寺石庭 十五の石をめぐる五十五の推理』(2015年)淡交社

・・神田古本まつり(2015)の会場にて近刊書の50%OFFコーナーで購入。未だに龍安寺本が刊行されていることに驚いた。

・・パラパラっと簡単に立ち読みして中身がどんなもんか見てみたが、まず安かったし、家に帰ってなにか新しく知ることことはないだろうかと思いじっくり読んでみた・・が、とくにこれまで読み調べた龍安寺本とそれ程変わることなく歴史から石の配置においての様々な説(虎の子渡し説、カシオペア星座説、黄金比率説、七五三説)など諸々の諸説の推測に終わってしまいやはり判らず仕舞いだった。

この本を読んでみて個人的な率直な感想としては誰が、いつ、何のために、石の配置の意味は?などもぅどうでもよくなった(半ば投げやり?)気がした。謎なら謎でいいのではないかと・・。

世界にも、イースターのモアイ像や、ナスカの地上絵、ストーンヘンジなど誰がいつ何の為に作ったのか判らないものも多くあり、それらに関しても自分は未だに興味に惹きつけられるものであるが、それらと同じく判らないなら判らないでいいことだってありだと思う。

・・ただじっと庭を見るだけ・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です