<夢占い>『ガッチャマン』の歌詞を誤解してた

(その1)

・・テレビアニメ『ガッチャマン』のオープニングを観る。主題歌の歌詞の字幕を目で追ってると、今まで自分は”~科学忍法 火の鳥だ~”というところで字幕の歌詞を見ると、”火の鳥だ”という部分を”火とヤリだ”と書かれていて、さらには”ヒトオリだ”と唄ってる。これまで何十年と誤解していたんだと気づき、間違っていたという恥ずかしさはなかったが、「へぇ~、そうなんだ~」程度にビックリ感。

 

 

 

(その2)

Aフィルムで?自分は演出の身ではなさそう。自主制作映画をつくる上での関係者が集まってくる。セットとして深く掘られた四角の穴の中にはオヴジェが。

自分は関係者の三人と歩いてると、仲間のひとりから「近くの駐車場でここ何年間と会社TのHさんが駐車場員として働いてる」と云われると、自分は「その姿を見てみたい」と云う。そして三人でその駐車場付近を歩いてると前方に昔と変わらないHさんの姿が見えてきた。

 

 

(その3)

電車に乗ってると(自分の視点は地面から5mくらいの高さから俯瞰で見てるよう)、ある遮断機の無い踏切をつっきる暴走バイクが通過していくのを見る。すると道路のカーブを曲がりきれず沿道の民家につっこんで横転する瞬間も目のあたりにする(この時は自分は車窓から見てる)。「あ~ぁ気の毒だ」と思いながらそのまま電車は切り立った崖沿いの、いかにも危なそうな処を走行していく。

 

 

(その4)

いろんなチームをシャッフルした連合チームで野球をした後、寒い中自分はTシャツ姿のまま茨城へバスツアーに参加することに。荷物にドローンを持ってきたのだが置いてた場所に無く、探しても見つからない。

・・途方にくれまた買わなきゃならないハメだと落胆する。


 

<夢分析>・・・実際に夢の中でドローンの存在は見てないのだが、荷物としてドローンを持ってきたとはまさに自分的にはタイムリーな夢だ。ただ無くなっていて探しても見つからない状況を考えると先行き良い意味ではなさそうだなぁ。

2015/9/8ガッチャマンの歌詞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です