<夢占い>おしゃれした格好を両親に披露しようとする

~今日は5日間のセッションの最終日~

・・コンテストに向けてではなく、あくまでも両親に対してで自分(10代後半から20代前半くらいの若い風貌)は身近にある服や髪型を自分で駆使してあれこれ試行錯誤しながら最高に格好いいと思う(なんだか芸能人の証明写真、宣材写真でもつくるような)スタイルをつくることをする。

最初は両親には一時間ほどで(完成させる)と云ってたが、あぁでもないこぅでもないとあれこれ(裸にネクタイをあてがったり、シャツを着てネクタイ、または小さな電気器具をネクタイがわりに付けたり、髪もワックスでフェミニンにウェーブかけたりなど)施す。

イメージ的には学園ものの登場人物のような恰好させたり、日ハムの大谷風を考えたりなど。

その過程(試作中)は周りの人には見せることなく、父は「早く見たい」とウキウキに急かしたり、母は今晩の夕食としてすき焼きをつくっているなか(とはいえ鍋の中央にドカッとご飯のかたまりをいれてた)・・ということは夕時のこと?・・

まるでオーディション用の写真を撮る為の自分をつくりあげていくような・・時間を忘れるほど真剣に試行錯誤しながら自分をつくっていった。本当に夢中になり楽しい時間を過ごせた。最終的にはラフなシャツにネクタイをしめてジャケットを着てウェーブのかかった髪の格好にした。しかしまだ披露できる状態でなく結局どんな風になったかを親に見せる前に目が覚めた・・。

見せられなかったことには残念さや寂しさも無く、まだまだ設定途中というかんじだった。父は「まだか~」など笑いながらウキウキに自分を急かしていたし(息子だがまるで娘を見るかんじで見られ少し照れくさかった)、なんでこのような自分像をつくることになったのかは不明だが(単に冗談半分でやったこと?)、実家の中で身近にあるものでつくり上げていくという等身大の(身の程の)最高のものをつくっていくという喜び、感動、そしてまわりの両親やT(弟)からの期待にこたえる勇気、駆使、試行などにワクワク感を味わったかな。


<夢分析>・・・あぁでもないこぅでもないと焦らずいろんなアイテムをあてがったりしながら自分を着せ替え人形につくっていくような身近なホンワカした時間のなかで至福の時間を体感したものだった。どこかへ提出する為のものでなく、あくまでも家庭内の余興にすぎなかったのだが、そのなかで自分は鏡の中の姿を見つつ一生懸命になるワクワク感、喜びがあったなぁ。今日のキーワードは身近にあるものの中からでもいろいろ夢中になりながら駆使すること、それでも楽しいし幸福感あったかな。・・こんもり盛られたご飯はなにか良い暗示でもあるかな?

2017/3/12盛られた鍋のご飯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です