<夢占い>久しぶりに制作スタッフのひとりに抜擢される

・・会社Tで・・。新しく劇場作品をつくるにあたってスタッフに自分も助監督として加わることに。しかも10年以上ぶりに会社への復帰にも関わらずいきなり劇場作品の一員として(しいていえば大役を与えられた)。自分でも「大丈夫か?」と少し不安に思ったり。監督は(いつもの)Nさんではなさそう(Yさんかな?)。作品は昔テレビシリーズで放映されてたものの劇場版らしい。~夢の中で自分がイメージしたのは変身もの「U」~ でも何故に今この時期にこれ?(この作品をつくる?)など、ひとり思う。スタッフには知った顔はほとんど居なかったが同期のT君の声らしきが聞こえたような。

・・そしてスタッフ顔合わせの場で。公聴会のようにひとりひとりが自己紹介として特殊マイクの前で大声で云うかたち。嫌味なプロデューサーが進行するなか自分も(出番が)次かな?次かな?と待ちながら手元の紙に話す要項を箇条書きしたりする。その後自分が進行を任されると(引きこもりのおとなしさ)を演じるかのように小声で一同に「・・立ってください・・」など云ったり。また会の進行中窓外を孤独にじっと見つめたりすることも。そして本当はこんな人間じゃないんだよと自己紹介時に覆そうと・・(目が覚めてしまい)・・少々残念に思う。


<夢分析>・・・来週の火、水、木と二泊三日で(二度目の)「虹の泉」(三重県松阪市)を訪れるにあたり新たな世界を体験という暗示の夢であろうか?心新たにという心機一転ということなのかな?だけど会社Tものとしては自分にとっては年に何度か繰り返し見るお馴染みの夢(或る意味トラウマとなってる?)。そして未だに見るということとは・・。ただ、本音を云えば今日の夢は気分良かったかといえば嘘になるが(スタッフに抜擢されたということで)多少のウキウキワクワク感はあったと思うよね。あとは改めて清書時に文章をみて気づいたことには文中の「・・本当はこんな人間じゃないんだよ・・」・・これは日頃自分が思っていることのひとつで、誰しも世の中生きているなか、表面の人間像と包み隠している本当の人間像はまったく違うもんだという部分もあるということ。誰しもみんな仮面を被っているんだよね(ペルソナ)。

2017/11/25久しぶりの会社で仕事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です