<夢占い>乗り合いのタクシーで40万円請求される

・・或る目的地まで行こうと、その時は電車に乗るのも面倒に思っていたところ、雨が降ってきたにも関わらず傘を持ってなかったのでちょっとくらい金がかかってもイイヤとタクシーをつかまえて乗ることに。

そんなに目的地までは距離が無いのだが、タクシーのメーターはどんどん上がっていく。

・・すると自分になんの断わりもなく途中、駅(下井草駅のように見えた)らしき場所でひとりの女を助手席に乗せる運転手。「え?乗り合いタクシー?・・まぁいいや・・」と自分は何も文句云わずそのまま走行する。

・・外はどしゃぶりの雨。

女は濡れた自分をハンカチで拭き隣の運転手(威圧感ある警官の格好してた)とナレナレしく話したり、同じく濡れた運転手の腕などをハンカチで拭く。女は持ってたカット袋(どうやら会社Tのものらしい)を自分の座っている後部座席の脇に置く。自分は見覚えもあって懐かしいなぁと思いつつ料金メーターをみると、1万4千、1万8千とさらにドンドン上がっていく。・・不安になる。どしゃぶりの雨の中の景色をみると確かに目的地まで近づいているようだ。運転手もゆっくり走行しながら「このへんだろうなぁ~」など云ってる。そしてある路肩で車が止まった際自分は、”もういいだろう、あとは歩こう”と思い、「ココでいいです。」と告げる。時計をみると午前一時八分を指している。

~~~~~~~~~~~~~~~~

・・すると周りの景色はシェアハウスのような共同生活するアパートのような一室になる。

自分は途中で乗ってきた女性にカット袋のことをなにげに話すと女性は名刺を差し出しながらこちらに顔を向け「初めまして」と云って声優をしてると自己紹介する。しかもタクシーの運転手も副業で声優をしてる~~だ(そう云って何枚かの名刺を渡された)と云う。自分も会社Tに居たこと、携わった作品のことなど話す。話してる3人の奥では何十枚ものカット袋をそばに内職してる男の姿があって「・・あの人も業界の人?・・」と聞くと「そうだ」と答えられた。

・・すると女は自分に或る気に入っている歌があるのだが、なんという歌なのか知りたい(調べて欲しい)と云って歌詞の一部分のフレーズを書いて自分に渡す。”それくらい自分で調べればいいだろ?”と思う自分。そして連絡先として携帯のメールアドレスと現住所の書かれた紙片を渡される。住所をみると、 ”軍艦島市”と書かれてる。「そんなところがあるとは知らなかった」と自分は云うと「あるんですよ」と女は答えた。と、自分は周りの部屋内を見回すと私物や、鍵、女から男(運転手)への手紙などが見られる。3人も徐々に打ち解けていき、自分は「・・おかしいなとは思いましたよ。なにか只事じゃない関係だったとは・・」と告白する。

そしてあまり長居するのもと思い不安に思いながらも運転手にタクシーの料金をきくと40万円を請求される。・・ボッタクリ?たとえ払わざるとしても貯金があるので払えるには払えるのだが、そりゃないよと血の気が引く思いをした瞬間・・目が覚めた。ひとまず安堵感。


 

 

<夢分析>・・・昨今なにかと保険やローンなどの出費がかさんでる。その不安感が夢として現れたのかな?

2015/10/2740万円の乗り合いタクシー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です