<夢占い>仲間の呼びかけにも応じず所有の車のもとへ行く

(唯一覚えていたひとコマ)

・・(それまでどういう状況のどういう繋がりのどういう関係の人々だったのか不明)・・

・・自分はその仲間うちからひとり離れて大通りの交差点をわたり道路の向かいに置いてきた赤い車のもとに。するとわたった横断歩道の反対側からその仲間らしきひとりの女が自分に向かってなにか呼び掛けている。自分は(かまう気なく)面倒だと感じ、うっすら女の呼びかけを聞こえてはいたのだが、わざと聞こえないふりをして赤い車の周りを見たり触ったりしながらメンテナンスしてるというフリをする。すると・・・

・・(夢の中でのタラレバ映像?立ち位置が変わってしまう・・)・・

・・自分の車なのか?赤い車が暴走ぎみにガリガリと地面の赤レンガ(赤タイル?)を剥がしながら大通りの方へ出てボロボロに傷つきながら去っていく光景をみる。大通りに居た周りの人々も心配そうに(気の毒そうに)見てる。自分も無茶だなぁ~とその暴走ぶりを見ながら置いていた自分の車をスムーズに出やすいように持ち上げて少し角度をズラして慎重にゆっくり出ようとする。


<夢分析>・・・詳しいことは判らないほんのひとコマの夢だが、内容を考えると昨晩発覚したFACEBOOK(いづれはブログもわかってしまう?)のことが脳裏に残ってた影響による夢かな?夢で呼び掛けたのはひとりの女だが結局は両親によるトモダチ要求を拒否するかたち(聞こえてても聞こえないふり)が夢のかたちとして置き換えられたかな?それと自身、群れることを嫌ってる?

2018/2/4呼びかけを無視して車へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です