<夢占い>元々知り合いのような店主の女性とおしゃべりする

(その1)

・・どこかへ行く途中?散歩中だった?家を出て近所のアーケード内を歩いててふと並んでる店々のいっかくを見ると狭い店舗(写真店?)をかまえて店先でまっすぐ背筋伸ばして立っている女性店員と目が合いお互い「あれ?(知った者どおしの気づき)」と。

・・そのまま挨拶がてら近くのカフェで座っておしゃべりする。女性は名前も何者かも詳しくは判らないがどうやら自分にとっては旧知のひとりのようでこんな近所に店をかまえていたとは知らなかった。それから10分ほど憩いながらおしゃべりしているので「店を空けて大丈夫?」と気を使った言葉を自分はかける。ちょっとぐらいだったら大丈夫なよう。

 

 

(その2)

・・(テレビや映画などの画面でみるよりも実際その場で見ているような生々しさあった)・・

・・映画「戦場のメリークリスマス」の一場面?兵士はジョニー大倉さんでなく松尾伴内さんが演じてるよう。兵士は切腹する際、鋭さの無い木刀で無理に自身の腹を裂こうとする。その際自分這 はとても見るのがつらく目を伏せる。兵士のうしろで首をはねる介錯役のビートたけしさんが二度三度素振りする。

そしてドス黒く黄土色に変色した兵士の首をはねる瞬間をみる。見てて気持ち良いもんじゃなく、テレビのようなつくりものとはいえない痛々しさがあった。


<夢分析>・・・女性の存在は自分にとってなんだったんだろう?同級生でもなく元同僚でもなく昔からの親しい仲間のひとりといったとこかな。近々出会いがあるというような存在?

2018/3/20店の店主と目が合う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です