<夢占い>前頭の自分は初優勝する

・・平幕の前頭3~4枚目あたりの関取に自分は3~4日目あたりの取り組みに負けた後、あれよあれよと勝ち続け(この時は記憶なし)千秋楽14勝1敗で初優勝する。自分でもびっくり。これで「哲哉」という名前も全国に知られることとなる。

そして急遽その後(翌日?)或る貸し切りのレストランのような店で親戚一同も集め祝賀会が催される。少々照れもありながらも自分も少し遅れて会場に着きテーブルにつく。会では周りからそれほど持ち上げられることもなく、自分もそれほど驕ることなく、粛々と会が行われた。会じたい派手ではなかったが(逆にそれが良かった?)自分は楽しく良い気持ちだった。あとで自分の写る優勝決定の瞬間のVTRを観てみようかなと思ったり。

~一連の夢では自分目線なので関取姿の自分は見ていない~


<夢分析>・・・前回のアメフトといい自分の活躍が目立ち頼もしいもんだ。勝ち続いた途中は記憶もなく端折られているが、コツコツと真面目に努力していけば(あれよあれよというかたちで)いづれ良い結果に結びつくのではないか?・・ということかな?陰では自分を応援してくれている人々(支えてくれる人々)の存在などあるようでこのことは忘れてはいけない。そして頑張れば全国規模かどうかは別として広く名の知れる存在にもなれるということか?ただその際にも威張ることなく驕ることのないように・・。

 

2017/3/19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です