<夢占い>外国の街なかを歩くなか、お金の両替を考える

~トイレに起きることなく9時間以上寝たなぁ~

(その1)

・・見た目、実家ではなさそうな或る家のリビングのソファ越しに母と自分。ちょうど計量カップのようなものを置いて自分は或る行為したくなった自分は死角をねらってやろうと思ってた時、ちょうど風呂がわいたらしく母が「先に入りなさい」と自分に云う。その返答に「先に入って」と云ってそのあいだにしようかと思う。

 

 

(その2)

・・フランスらしき外国(パリ?の中心地から少し郊外のニーチェ?という街なか)を歩いてる。どこかへ向かってる目的地があるらしいが不明。道路の看板では現地語と日本語表記されてる。一緒に同行してた者(N君のような現地に慣れた人物)が慣れた感じで狭い通り沿いの小さな小屋のような両替店へと入っていくのをみる。それを見て自分もどこかで金を引き出して両替えせねばなぁと思う。

・・その外国内でのことかな?・・

・・Yさんの家があり、その玄関先でYさんが家内を見ながらブツブツ云いながら中に入るのを躊躇してる様子を自分もみる。家の中をみると壁にセミのヤゴのような虫(ちょうどサナギから成長して脱皮するような光景)がみられる。自分と他の親しくなった2人のうちのひとりの色黒で見るからにアジア系の初老の男の人に出身はどこかと聞くとインドだとにこやかに答える。そして病院らしき建物に入っていった。


<夢分析>・・・壁に居た脱皮中の虫は自分にとってなんらかの暗示でもあるのだろうかね?・・飛躍の比喩だかなんだかの・・。

2018/9/21外国の両替店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です