<夢占い>用事のある朝に両親から写真を見せられる

・・高田馬場駅経由で乗り換えてすぐの駅まで7時20分くらいまでに行く用事に朝早く起きるべきところを少し寝過ごして母に起こされる。早く行かなければならないところを自分は前日まで余所に行ってた際のお菓子をテーブルに土産がわりとして置く。

そこへ来た両親から或る写真を見せられ写真の左下に写ってる人物が当時お世話になった人だと云う。その時、時計をみると7時10分ほど。「わぁ~!間に合わないなぁ~!」と悲嘆にくれる。とはいえ、目的地へと向かい駅に着き時計をみると7時ちょうど。間に合うかなと捉える。そして高田馬場直通の地下鉄をつかうと時間短縮で間に合うと更にふと気づくと券売機で180円の切符を買う。


<夢分析>・・・土産がわりにテーブルに置いた二つのお菓子、現実での前日に実家の親宛に2冊の本を送ったことと関連があるのかな?(親への贈り物としての)

2018/8/31見せられた写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です