<夢占い>野球での不慣れなプレーぶりにおもしろくない思いする

(その1)

・・テレビ観戦で。リオオリンピック、男子400mリレーの決勝(現実ではちょうど起きた翌朝スタート予定)で、第一レーンの日本チームのアンカーがゴール数十メートル手前までトップを走ってたのだが隣のレーンで走ってた後続のアンカーがふいに日本のレーン側に寄って走る(接触はなかった)。するとそのせいだったのか、ゴール手前で日本のアンカーがつまずき転倒。メダルの夢も絶たれる。レース終了後、ビデオ判定(妨害や故意による走行など)など審議されたが覆ることなく日本チームは下位に終わる。応援しながら観戦してたのでガッカリ。

 

 

(その2)

・・(現実では今日も帰省中ということで予定されていた会社のチームの参加する野球の大会の試合は不参加の身となってる)・・

・・大会での試合か練習試合なのか、ふだんの会社のチームの参加する野球の試合が始まる。

初回、プレイボール時には自分はレフトに守備ついている。と、ふと、まわりを見ると自分のすぐ目の前にもレフト野手(髭を生やした若者で見るからに野球未経験のよう)がいる。「あれ?守備位置間違えたかな?(普段自分の定守備位置はサードなので)」・・サードの方を見ると既にいる。つまりは10人で守っていることになり自分は静かにそそくさとフィールドから抜け出しベンチへ退く。そしてプレー再開。ランナーひとり出た後、次のバッターがライナー制の打球をレフトに放つ。すると(自分だったら難なく捕れたであろう)打球を不慣れなレフト野手は捕れず球を後逸し結局ランニングホームランとなる。誰にも否がないと思うのだがそのプレーをみて自分も正直おもしろくない。別に自分をたてるつもりはないがいつも出場してる自分を差し置いて不慣れな若い青年を出場させるというショウガナさがでてしまったのか。

・・その後も散々な展開になってしまったような・・。


2016/8/20オリンピックのリレー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です