<夢占い>面白くない裁判システムの寸劇をやる 

(その1)

・・(中学でだか高校でだかは不明)・・英語のテストの返却でひとりひとり名前と点数を告げられながら返却される(担任は高校時のS先生だったような)。自分は85点。まわりでは90点以上の生徒も次々いたりして少し屈辱感を味わう。

 

 

(その2)

・・なんだかよくわからない模擬裁判員システムの寸劇をやることに。見た目学校の体育館のようなホールに大勢の人々のいるなか自分も或る若い女性から声をかけられその女性に追いていき箇条書きされたボードの前に立つと(そこでも何のことだかわからないまま)「では、こちらへ・・」と、また違う場所へと導かれると今度はまた別の女性(検事役だか弁護士役だか)の言葉からいきなり裁判するような疑似劇がいきなり始まり自分はしばらく黙って突っ立っていると女性から「どうしちゃったの?」のような顔され裁判が進まないことに少しガッカリされてる。よくよく聞いてみると先程別の女性に導かれいろいろ書かれたボードの前に立った時そのボードに書かれていることがその裁判劇の流れや云うべき言葉(台詞)の書かれたマニュアルだったことがわかり、よく見て憶えておくべきだったと・・(そんなこと云われたって知らないよ~と)。

それから後もその裁判もどき寸劇が進められるなか、なんの役だか判らない女性となんの役だか判らない自分の理論だか討論だか反論しあうものを(いったい何をやってるんだか判らないまま)続けさせられる。まわりを見てもあちこちで自分たちと似たようなことをしている人々の姿もみられ、この催しはいったい何なんだ?と・・。


<夢分析>・・・何のための(義務的なものだった?)イベントだかもサッパリわからずやってても面白くなく一緒にやってた女性らに対してもなんの魅力を感じず自分は終始イライラしてたかな。今回の夢は現実での日々の感情がそのまま夢に影響したかな?つまりは今は停滞期なのか、なにをやってもあまり楽しくないと感じることがそのままあらわれたのかな?

2019/1/2裁判劇をやる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です