<夢占い>時代劇のような世界の中で行動する

(その1)

・・父親が競馬の馬券を(三連単ボックス)で100万円分買った。

3,5,7、8,17、と見えた。

結果は当てたことは当てたらしいが配当が1700円のガッチガチで大損したらしい。

(その2)

・・夢の中での現実だったのか?それとも芝居を演じていたのか?世代を超えた時代劇の世界のような中に自分はいる。

最初は若者の役柄?としての行動をしていたが、いつのまにか長く垂れ下がるちょん髷結った大人に変わってる。

他の仲間は子供がいたり、元々大人だった者は力のないやつれた老人になったりと。そして自分が若かった頃、仲間と奉ったお供え物を久々に見て懐かしく歴史を感じた。その時、おかみさんがお菓子?(茶色でぺらぺらしたもの)を3枚ほど自分に手渡し家族の方々に持っていって下さいと言う。自分はくれたそのお菓子?を懐のポケットに入れる。

(その3)

・・東京駅に13分ほど予定より早く到着する新幹線を横目に見る。ただ、その場所は見ため渋谷のセンター街のような所だった。

(その4)

小倉智昭さんが涙を流しながら苦労しながらコンタクトレンズをはめているのを自分は間近かで見る。


<夢分析>・・・時代劇の夢で、こうして文章にしてみると平坦に思えるが、夢ではもっと展開に波があって感動も文章で見る何倍のものがあったことを追記として。それだけ夢というものの文章化ほど難しいものはないのだろう。

2007/11/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です