<夢占い>家の屋根を壊す日焼けの中年男

(その1)

・・大学の社会学?の講義受けようとするが教室が何処だかわからない。近くにいた学生に聞くと「掲示板を見ればいいじゃないか。」と言われる。たしかにそうだ・・。

 

 

 

(その2)

・・家で母親とくつろいでいると空が真っ黒な曇天になり中から異様な固まりの雲(まるで怪獣ヘドラのような)が現れ飛来する。

そして自宅の上空に来たと思ったら隣のさん宅に落ちてくる。そして雲がまさに怪獣のような化け物に変わり家を壊していく。次に自分の家の屋根に上がり燃やすように壊していく。そして二階部分倒壊。

するといつの間にか怪獣の化け物が日焼けした中年男に変わる(赤いシャツ着てた)。

自分は中年男を後ろから捕まえ確保する。同時に警察に通報する自分は男に問い詰める。「何で寄りによってウチに?」焼けた家の傍に立つ母親は途方にくれている。そして「どうしようかねぇ。」と悲観している。


<夢分析>・・・あとから日記の文面を読み返すと本当に馬鹿馬鹿しい・・。ただ夢の中での行動時は真面目なんだからしょうがない。大体雲が何で日焼け男に変わる?しかもその男に自分は問い詰めてるし、どうしたいのかも判らない。”なんだこれ?”のただ一言・・。

2007/7/25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です