(映画パンフレット)『TENET』

 クリストファー・ノーラン製作、脚本、監督作品『TENET/テネット』(2020)

 原題「TENET」

 (出演)ジョン・デビッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナー、

 (音楽)ルドウィク・ゴランソン

・・いろいろ世間では難解だと云われつつも、とりあえず、「エントロピー」「反粒子」「アルゴリズム」など簡単ながらキーとなる用語についてちょっと頭に入れていざ鑑賞。ギャスパー・ノエ監督の「CLIMAX」のSUPERNATURE のようにこの映画でもメインテーマもそうだけど特に(予告でも使われた?)サントラ内の「FREEPORT」が頭からこびり付いてしまったね。スコアも全編的にハンス・ジマーっぽかったと云えばそう聴こえたしね。ただ今回ちょっとくどいと思ったこともあったかな。

・・たしかに面白く150分を堪能したんだけどねぇ・・、「インセプション」や「インターステラー」を観た時よりは絶賛感がなかったかな。というか比較的最近の007シリーズを観終わった感じと同じ感覚だったような。どちらもスパイ映画だしね。二度三度観たいなとは思わず正直一回でわかったし(物理学的やそもそもの原理に関してはヒッチコック映画でいうマクガフィンでしょ?だから逆行回転扉のことや第三次大戦のことはあまり気にするほどでもないとおもったけどね)、つまりは監督は順行組と逆行組を絡ませた変な映画がつくりたかったんでしょ?だから観るこちら側もそんなに深く考えなかったけどね。

そもそも個人的に(他にもそう感じた人もいたろう)観ながら前のシーンでみせたのを再び・・ということに過去のタイムアクション映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「12モンキーズ」「ラ・ジュテ」っぽいなぁ~などヒシヒシ感じて・・そもそもこれまでに観たことの無かった新しい体験・・とまでは感じなかったんだよなぁ。つまりはどっかで観たっぽいとね。だからか、世間でリピーターも大勢いたりなど評価も高いらしいけど・・ん~ん、単にSFスパイアクション映画だったという・・面白かったんだけどね・・でも、毎度ノーラン監督作品は欠かさず観るいちファンなんだけど、長く心に残らないんだよね。だからあえてIMAXシアターで観る体感映画として自分はとらえている感じかなと・・。

・・「太陽がいっぱい」のパロディ?には思わず笑っちゃったね。

・・いつやらか、ノーラン監督も撮りたかっている?007映画があるのかな?