(映画パンフレット)(伊丹十三作品)『マルサの女2』

マルサの女2-1
マルサの女2-2

 

  伊丹十三脚本、監督作品(四作目)『マルサの女2』(1988)

  英題「A Taxing Woman’s Return」

 (出演)宮本信子 、津川雅彦 、丹波哲郎 、三國連太郎 、洞口依子 、マッハ文朱 、益岡徹、桜金造、加藤治子、

 (音楽)本多俊之

・・(パンフの)裏の絵がなんだかよく判らないなぁと思いきや、こうして縦につなげてみると解かりやすいね。というか、そういうことだったの・・と、後で気づき。

・・『マルサの女』しかりだけど、この映画もメイキング(周防監督も携わったり)もちゃんとソフト化されるなどして面白いよね。たしか公開前に地上波放送で番組として放送されるなどしてたよね。ただ、しっかり観てしまうと劇場に行って本編観ると既にいろんなカット観てしまっているので面白さ(初めて観るショックや展開など)も半減したりするよね。でも伊丹作品のメイキング番組観ちゃうんだよね。

トップシーンからの大勢で黙々と蟹を貪りつくさまの腐乱死体などインパクトあってすぐに世界にとりこまれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です