(映画パンフレット) 『赤頭巾ちゃん気をつけて』

赤頭巾ちゃん(映)1
赤頭巾ちゃん(本)1

 

芥川賞受賞作、庄司薫の同名小説を映画化、森谷司郎監督作品『赤頭巾ちゃん気をつけて』(1970年)

 (出演)岡田裕介、森和代、

・・まずなにより映画を観るにも時期というものがあるよね。同じ一本の映画を観るにしても十代の頃観るのと四十代、五十代、八十代観るのでは観方(受け止め方・捉え方)が変わるのは当然である。

・・自分にとってこの映画は最初、森谷監督つながり(たぶん「八甲田山」「小説吉田学校」に続いてだったかな)でビデオで観たと思う。全部は観たけどぽかぁ~んと、正直味気なく、全然面白い(良い)と思わなかった。描かれていること(流れ)は単純で判りやすいのだが・・よく訳がわからなかった。なんだ?この日常生活ものは?と感じたもんだった・・と、当時を思う。

その後、年齢も重ねた或る日、なんらかのキッカケで初めて原作を読んだ後(読むこと自体が必然だったのかな?)この作品を改めて観ることにした。

やっぱりと云うか、初めて観た時と全然違ったね。老齢でもない自分もつい半生を思わず振り返ってしまいたくなるほどだったかな。

「いろんなことがあってね・・」なんて。

映画を観ながら主人公の薫君に感情移入すると云うか、薫君を観ながら自分に投影してしまったのかな。だからか主人公は高校三年生(薫君)だけど年とってから映画を観る方がより心に入ってくるんじゃないかな。

主題歌の相良直美さんの歌も二度目(鑑賞時)は違ってなんだか身に染みたねぇ~。

ただ、二度目も白黒のスナップ写真には(ATG映画調とでも・・)いまだに??が残ってるけどね。ちょっと斬新すぎるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です