(映画パンフレット)(北野武作品)『BROTHER』


BROTHER-1

BROTHER-2

  北野武監督作品『 BROTHER 』(2001)

 (出演)ビートたけし、オマー・エップス、真木蔵人、加藤雅也、渡哲也、

 (音楽)久石譲

・・アメリカで撮られたせいからなのか?・・北野映画群のなかでもちょっと異色に感じた作品。
・・元々バイオレンス映画は好きなんだけど、この映画についてはトーンが息苦しく寒々しい(「ゴッドファーザー」観た時よりも凍りついたような印象だったかな)。

劇中に息抜きなユーモアのシーンもあまり観られなく(さすがに腹の中見せろ・・で割腹した大杉漣さんには苦笑してしまったけど)、ただひたすらにヒトの殺されっぷりが続いたよね。不快ではなかったけど観心地は良くなかったね。久石さんのスコアも全編悲壮感漂ってたし。そのあたりが個人的に特に好きな「3-4x」や「ソナチネ」とちょっと区別してしまうのかな。

とにかく観てて寒々しかったなぁ・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です