(映画パンフレット)『コキーユ~貝殻~』

コキーユ1
コキーユ2
コキーユ3
コキーユ4
コキーユ5

 

  山本おさむ原作漫画を映画化。中原俊監督作品『コキーユ ~貝殻~ 』(1999)

 (出演)風吹ジュン、小林薫、浜丘麻矢

  (音楽)山田武彦

・・公開当時、映画紹介で知ったかな(予告の内容だけで絶対自分の好きそうなジャンル、テイストだと思い)、原作漫画もなにも読まず(作品じたい知らなかった)に映画館へ。

結婚どころかロクな恋愛もしないわ、これまでにも同窓会らしき集いにも一度も参加することのなかった自分にとっても、一言で切ないとか悲しいだとか憧れだとかで片付けられない、なにかもっと年月のかかる重みのある想いがどっときて鑑賞後なかなか椅子から立てなかったなぁ。

自分にとって思い当たる(重なった)経験がなかったぶんこの映画で疑似体験したようないわゆるファンタジーだったんじゃないかなと捉えたりもするんだがね。

主演の小林薫さんの役柄については格別な格好良さと寂しい大人しさの合間(両方)をもった俳優さんであれだったら久しぶりに同級生と会ってもモテるだろうなと。あとは何といってもこの映画で初めて知った浜丘麻矢さん。

また憎いのがフライヤーの表紙にもある風吹さんの傘さしながらの何てことない笑顔のショットがあまりにも切なすぎる。

でも、やっぱりなにが良いかって、歳をいくつも重ねても同級生は同級生なんで、特に女性から男性に向けての「君」呼ばわりはいつの時代も変わらない青春を味わうことがあるよね。

正直、普段は同級生のことは思ったりはしないけど、たまにみる夢で当時と変わらない容姿で同級生なんか出てくるとやっぱりちょっぴり嬉しくその頃を思いながら夢日記つけたりしてるよね。

音楽を担当した山田武彦氏のサントラ(メインテーマのピアノ曲)が絶品。美しいメロディーが切ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です