(映画パンフレット)『ブルース・リー/死亡遊戯』

 ロバート・クローズ監督作品『ブルース・リー 死亡遊戯』(1978)

 原題「死亡遊戯 / Game of Death」

 (出演)ブルース・リー、アブドゥール・ジャバール、サモ・ハン・キンポー、

 (音楽)ジョン・バリー

・・それほどブルース・リーのことを好きではない自分も毎度テレビなんかで放映されたりするとついつい観てしまう一本。特に全部というよりはクライマックスのハキム役のアブドゥール・ジャバールとの格闘見たさにだけと云わんばかりに。のちのジャッキー映画「スパルタンX」でのラストのダニーユキーデとの格闘をも思わせられる見どころのひとつだよね。とはいえ、どうも吹き替え役者のカット替わりばかりが目に付いてしまって(ブルース・リーのアクションの切れとはやはり違って見えてしまい)粗のようにみえてちょっと残念。

ブルース・リーが死んだ!と、当時は学校で大騒ぎだったよなぁ。まだ映画すらそんなに観ていなく、ましてや「ブルース・リー」なんて名前ばかりしか知らないほどの自分にとってもクラスメイトの男の子(誰だったっけか?よくヌンチャクで真似してたのがいた)がこの世の終わりのように大騒ぎしてたのをウッスラ憶えてる・・ような。

・・自分にとってはジャッキーから入ったんでブルース・リーに関してはそれほど思い入れが無いんだよなぁ。嫌いじゃないんだけど、比べると、笑いやユーモアが無いんだよね。堅いというか、真面目というか、哲学も語るしね。