(映画パンフレット)『悪魔のシスター』

悪魔のシスター1悪魔のシスター2

 ブライアン・デ・パルマ原案、脚本、監督作品『悪魔のシスター』(1974)

 原題「 SISTERS 」 「スーパーマン」のマーゴット・キッダー主演。 (音楽)バーナード・ハーマン

・・ケーキカットナイフでの殺人シーンの痛々しい視覚的ショックは勿論のこと、そこにかぶさるハーマンのバックに流れるスコアの気持ち悪いこと・・、また、ラストカットのとりたてて盛り上がることなく静かにフェードアウトしていくような淡々とした終わり方(電柱から見張る探偵の姿)の不気味さが特に印象的で記憶に残る。

・・「スーパーマン」もテレビ放映などで何度も観ていたし、この映画もレンタルでだったか、けっこう前に観ていたにも関わらずヒロインのマーゴット・キッダーさんじたい結びつかなかったなぁ(あとからパンフで知った時にはさすがに正直ビックリ)。たしかに「スーパーマン」シリーズでのヒロインぶりにはそれほど何とも思わなかったけど、『悪魔~』でのキッダーさんは可愛らしいとばかり観てたしね。単に結びつかなかったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です