<夢占い>同級生だった車掌と挨拶する

・・どこかからの帰り、普通電車に乗ってて、疲れていたのかウトウト寝てしまう。

目が覚めてふと前を見るとちょうど車掌さんが社内の客たちに切符の確認をしてるところで自分も切符を差し出し車掌の顔を見る.。すると、小、中学校の同級生だったY君だ(顔は当時と変わってない印象だった)。一目見るなり自分は”オヤ?”と思った(気づいた)が、相手も自分のことをすぐわかったらしく、ニコやかに「久しぶり」と挨拶する。

大人としての少しギコチナさと堅苦しさもありながら、仕事中だし他の客の対応もあるので正味一分ほどの挨拶で済ませたが、「また連絡します」「どこかで今度食事でも」というような、いかにもな社交辞令な会話をする。

 


 

<夢分析>・・・特に日頃から気にしてる人物でもないし、テレビや本で最近見かけた訳でもないのに何故Y君だろ?話してて感じは悪くなかった。・・Y君から何らかのメッセージがあるのだろうか?あと、列車内において切符を拝見というと自分の生涯の小説(童話だね)、「銀河鉄道の夜」が思い起こされる。たしかに乗客としての自分もどこへ向かっているのか不明だ。・・なにか良いなぁ。

2015/12/24同級生の車掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です