<夢占い>水の氾濫地帯を走行するバスに心配する

・・バス(観光バスだったか普通の路線バスだったか)に自分も乗ってると窓外で豪雨になる

バスは川(神田川のよう)の氾濫した地帯を走行していく。すると完全に川の水があふれだし道路にまで水が溢れてきてバスの窓の高さにまで水位が浸かったなかをゆっくり走行していく。自分は心配でしょうがなかったが、あまりの珍しい光景に自分は思わず携帯で写真を撮ろうとする(SNSでアップしようとは思ってない)。

周りの乗客共々心配のなか、ふと窓外を見ると横殴りの雨が降っていた光景からいつの間にか青空の下をバスは走行してる。周りに溜まっていた水も履けている。

どうやら豪雨の地域を過ぎて晴天の地域へと入ったのだろう

・・あまりの急な変化に拍子抜けした。

 


 

<夢分析>・・・いっときはどうなるのか?大丈夫か?など心配でしょうがなかったが、晴れた地域に入り何事もなくひと安心。なんらかの比喩として気持ち的、心境的、状況の変化が近々訪れるのであろうか?

2016/1/20氾濫模様を写真に撮る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です