Warning: Declaration of AVH_Walker_Category_Checklist::walk($elements, $max_depth) should be compatible with Walker::walk($elements, $max_depth, ...$args) in /home/yume0731/tetsuyayumenikki.com/public_html/wp/wp-content/plugins/extended-categories-widget/4.2/class/avh-ec.widgets.php on line 0

Warning: Declaration of AVH_Walker_CategoryDropdown::walk($elements, $max_depth) should be compatible with Walker::walk($elements, $max_depth, ...$args) in /home/yume0731/tetsuyayumenikki.com/public_html/wp/wp-content/plugins/extended-categories-widget/4.2/class/avh-ec.core.php on line 0
<夢占い>高架下の踏み切りで撮影する - 素晴らしき映画パンフレットの世界と不可思議な夢の世界『哲哉の夢日記』

<夢占い>高架下の踏み切りで撮影する

(その1)

・・野球の試合で自分はピッチャー。

山なりの超スローボールを投げるが、高めに外れてボールの判定。

(その2)

・・久しぶりに母校の高校を訪れる。

部活の顧問だったZ先生が独りトレーニングをしてる所に会っていろいろ話す。その後、現部員が集まり整列する。自分も生徒たちに混ざってゲストとして並ぶ。

(その3)

・・自分の演出する短編映画のワンシーンを撮っている。場所は高架のある道のすぐ下の踏み切りで、主人公がアタッシュケースのようなカバンを持って踏み切りを渡ろうとするところ。

自分は主人公の役者にいろいろ場面説明を綿密に話す。離れた所では同い年くらいのカメラマンなどスタンバッている。

いろいろ話した末、自分は高架から俯瞰で踏み切りを渡る主人公をカメラでPANしながら追おうと言う。良いアイデアだとカメラマンも納得する。


<夢分析>・・・思いグセと願望の合わさった夢・・だろう。高校を訪れるのも記憶のひとつ。

2008/7/3踏切での撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です