(映画パンフレット) 『ダーティハリー』


ダーティーハリー1
jダーティーハリー8

 

ドン・シーゲル製作、監督監督作品、クリント・イーストウッドの黄金コンビによる作品『ダーティハリー』(1971年)

 原題「DIRTY HARRY」  (音楽)ラロ・シフリン

 マグナム44を片手でぶっ放す男”ハリー・キャラハン。刑事をキャラクター化したはじまり的、代表的作品。果たしてこの第一作目が作られた段階から制作陣はシリーズ化するつもりだったのだろうか?ラストでワッペンを投げ捨てるキャラハン刑事でこれはこれで完結してもなんの不足もないわけで。音楽も「ブリット」など担当したラロ・シフリンで、今聴いても70年代ちっくのビートあるサウンドがもた格好いい。劇中のキャラハン刑事の決めの台詞「Go ahead,make my day」(第4作目台詞)は有名となったね。

・・この映画を自分が始めて観たのはテレビでの吹き替えで(声は山田康雄さんだったかな?)、それ以来(いまだに)殺人犯スコルピオが児童たちを乗せたバスをジャックして一緒に歌えと「こげこげこげよ!ボートこげよ!」が耳に残っていて何故か笑ってしまう。

自分としてはあまりシリーズ化された映画は一作二作は観ても全部は観たりしないのが多いのだがこのシリーズはすべて鑑賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です