Warning: Declaration of AVH_Walker_Category_Checklist::walk($elements, $max_depth) should be compatible with Walker::walk($elements, $max_depth, ...$args) in /home/yume0731/tetsuyayumenikki.com/public_html/wp/wp-content/plugins/extended-categories-widget/4.2/class/avh-ec.widgets.php on line 0

Warning: Declaration of AVH_Walker_CategoryDropdown::walk($elements, $max_depth) should be compatible with Walker::walk($elements, $max_depth, ...$args) in /home/yume0731/tetsuyayumenikki.com/public_html/wp/wp-content/plugins/extended-categories-widget/4.2/class/avh-ec.core.php on line 0
<夢占い>年の差離れた少女との交流 - 素晴らしき映画パンフレットの世界と不可思議な夢の世界『哲哉の夢日記』

<夢占い>年の差離れた少女との交流

  ~半年ぶり?1年ぶり?ここんとこ見ることのなかったピュアな異性との交流の夢~

・・どこで知り合ったのか、何者なのか、見ため女優の大原優乃さんのような、またはハクション大魔王に出てくるあくびちゃんのような、か弱くも愛しい、まるで自分の娘でもあるかのような、もしくは学校や仕事での後輩でもあるような、或る少女を家(実家)に連れてくる。どういう意図(目的)でか、ただ単に遊びに両親や弟のいる家へと連れて来たというよりは何かを一緒にやる為とりあえず都合が良いと思ってか、公共交通手段を使ってさらに歩いて実家へと連れてくる。

家に入るとなにかヨリが合わないのか(いじめられてはいないと思う。もしくは強く当たられた?)彼女は泣き出してしまう。それを見た母がヨシヨシと優しく彼女を抱きとめると、さらに抱き合う二人の外側から包み抱きこむ弟。そんな光景を見て自分はここじゃだめだ(場所を変えよう)と洗面所にあるマイ歯ブラシで歯を磨き、トイレで用を足した後(便座を上げ用を足そうとと座るところが汚れていたので尻を浮かして用を足した)、リビングのソファーで小さくなり悲しがっている彼女を見る。自分は彼女に寄り(まるでお気に入りのぬいぐるみを軽々と両手で抱えて持ち上げるかのように)彼女の体を抱き上げ対面する格好になるように正面膝の上に座らせ慰める。そして彼女のひとり住んでいるか、実家が家からそんなに遠くないとみてそちらへ行ってみようかと思いつき早速両親か弟の車を借りて行こうかと思っている矢先のそのタイミングで両親が揃って玄関先に居てこれからどこかへと車で出かけようとしている。結局今回は車で自由に移動できる手段がないと諦めとりあえず歩いてどこか移動しようかと。しばらくしてダイニングテーブルに突っ伏した格好で携帯で何かしら調べ物をしてメモしている彼女のもとに寄ると ニコニコと「救急車がどうだ」とか調べ物したことを教えてくれた。

・・その後の展開はないまま(思い出せないまま)目が覚めた。一連その彼女に対して性的な疚しい気は全く無く、娘や後輩に対して接するような純粋に優しくいたわる感情だったかな。というか、自分にもこういう異性との交流する場ができたんだなぁ~と夢の中でも驚き半分あったもんだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<夢分析>・・・まず目覚めたあと咄嗟に思ったのはアストラルトリップ(での交流)であれ、心理的に脳内においての整理による夢見であったであれ、久しぶりに体感したピュアな夢にしみじみ余韻を噛み締めたかな。なんと言っても彼女。名前も素性も分からないが、なにか身近にも感じた存在で性的な疚しい気も起きなかった異性であり、汚してはいけないような率直に優乃さんのようだったね。またその彼女がか弱く健気で、実家の家族と合わないらしく泣き出した時には優しく慰めるしかなかったね。自分にも春が来たか?などワクワクビックリだった。反面、両親とのヨリもギクシャクした感じもあったかな。

*それから(夢をみた)数日後たまたまつけたテレビで大原さんを見かける。今回の夢の彼女そのものだったね。別に元々ファンだったわけじゃなかたが、なにかドキドキするものがあったね。

2022/8/20