(映画パンフレット)『エヴォリューション』

エヴォリューション1エヴォリューション2エヴォリューション3

 ルシール・アザリロビック監督作品『エヴォリューション』(2016年)。

・・たしかUPLINK(渋谷)でホドロフスキーの(幻の映画?)「虹泥棒」を観た際での上映前の予告で初めて映画の存在を知り、そして館内のチラシを手にとって見ると”リンチ(たしかに「イレイザーヘッド」を思わせる描写もあったね)、クロウネンバーグを思わせる・・”など表記されてた為、これは観なくてはと後日鑑賞。

・・エラいものを観たなぁと率直な感想。正直びっくりした。久しぶり”こんな映画観たことない”感あった作品。自分のツボにもハマった。そしてこの映画がどんな映画なのかヒトに説明しにくいし、ジャンル分けもしにくいし、しかも意味を求めてはいけない怪作だったなぁ。

映画を観ながら例えばの他作品でいうと「わたしを離さないで」(設定的には反対のパターンかな?)のような非現実ものかな?と思ったり・・。

とにかくもぅ食卓に出されるヘドロのような食べ物の不味そうさ感から、お母さんの背中の~~から、観るものすべてが気味悪く気持ち悪い。

圧倒・・と云うより次から次へと進んでいく展開に何?どなるの?の連続。パンフやチラシでも書かれている”悪夢”というよりも逆におとぎ話(あまりにも非現実であり、もっと云えば地球上の話でもないようにも)を観ているようで、どこからが始まりでどう終わるのかすらも判らない、ただただ受けとめるしかないという感じだったかな・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です