(映画パンフレット)『スーパータッチダウン』

スーパータッチダウン1スーパータッチダウン2

スタン・ドラゴッティ監督作品『スーパータッチダウン』(1991)

  「 NECESSARY ROUGHNESS 」

・・試合でのラストプレーだったか、女性のキッカー(しかも長距離飛ばせる役だったか)がフィールドゴールを成功させて勝ったような記憶がある。

・・それにしてもここんとこラグビーの人気がでてきてるなか、依然として日本人にとってまだアメフトとバスケの人気ぶりがまだまだに思えるけど(テレビ中継などの試合を観てるとスタジアムに空席がまだ目立ってるのが目についたりする。(野球やサッカーやラグビーに比べて)浸透しない要素はなんだろう?国民性かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です