<夢占い>木村拓哉さんとおしゃべりする

(その1)

・・ドラマに出演してるなかのひとりらしい自分が共演の木村拓哉さんと撮影の合間に30分ほどお話しする(木村さんの方から声をかけてくれたよう)。どんな話をしたかは憶えてない。たぶん身の上話などフランクに話したと思う。

・・ドラマは3,4班に分かれたグループの弁護士だったか医療にまつわる人々の話。自分に台詞があったか、ドラマはどんな流れだったかも憶えてないが緊張してたのは憶えてる。上半身裸だったような・・。

それでどこかでなにか着る服を調達しようかと現場から離れると・・・。

 

 

(その2)

・・Mキャンパスにて。A大学生の自分。

なにも教科書類を持たないまま物理(化学だったかな?)の講義を教室いっぱいの中の後方の隅の席に座り授業を受ける。同級生だったY君(現実では高校時の同級生)らしき生徒もそばに居たような。先生(弁護士の若狭さん似)は「時々指名して質問に答えてもらう・・」など云うので勉強不足でなんにも判らない自分は不安になり授業の開始早々先生が黒板に板書してる隙を見て教室から抜け出る。

出た後、特にやること無いので大学の敷居内をブラブラ歩き回る(この時の心境はなにか懐かしいような、あれ?Mキャンパス無くなってたんじゃなかったっけ?など思ったり)。などなどいろいろ思いながら山を切り開いてつくった校舎やらグランドなど見やりながら歩き回る。ふとグランドでの女子のラグビー部の練習風景を見ているといつの間にか自分もその中の部員のひとりとしてプレーしたりする。

・・気ままな散歩だった。


<夢分析>・・・木村さんとの対談(おしゃべり)にはさすがに緊張と怖れ多さと滅多にない経験の嬉しさにワクワクしたなぁ。そもそも目立たない地味な出演者の自分に声をかけてくれたことに何よりも嬉しかった。大学内でのフラフラ歩き回る気ままな夢については真面目に教室で授業受ける学生たちとは違い我が道を行くような(ちょうど昨日まで二泊三日で三重県の「虹の泉」の撮影の為ゆっくりできた時のような)感触にも似た有意義な時間だったような。まさに勉強などの競争社会からはなれたような。それに加えて面影、郷愁、懐かしさなどいろいろ思うものがあったかな。もうとっくにMキャンパスは無い(短い間だった)。

2017/12/1ドラマの出演者たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です