<夢占い>グランパスのキーパーになる

(その1)

・・ボロアパートへ人を訪ねて行く。ある部屋の中で寝ていた二人の男に聞くと隣の部屋にいることがわかる。二人のうちの一人は会社TのN。さっそくドアを開けて中に入ると隅の方で寝ているO君(中学の同級生)を発見。顔を包帯で巻かれていた。

(その2)

・・競技場でJリーグの試合を観る。アントラーズ対グランパス。応援するグランパスがいきなり1点とられる。するといつの間にか自分がグランパスのキーパーとなっている。

攻められて攻められて立て続けに2点取られる。自分は後に味方の外人選手と一緒にゴールポストを立て直したりする。

(その3)

・・バイト中の昼銀座らしき街の中で母親の用意したカツ重

母親「早く食べなさい。」

仕事の途中だったが休憩してカツ重を食べることにする。

休憩後、自分の行くマンションのひとつに”ハイランドパーク”という名前の建物があり、職場の同僚(顔はMさん)から「夜の9時まで待たなくても入れるよ。」と、助言される。そして風貌はIさんらしき人からは、「最近何か新しいものは撮らないの?」と聞かれ自分は、「今のところはまだ。」と答える。


<夢分析>・・・たまに見る夢のパターンのひとつ、観ていた自分がいつの間にか当事者となってプレーしたり演じたりするもの。その時には自分は全然不思感もなんにも持たず、ただ流れるままにあれこれするだけ。余裕もないし。このパターンはやはり一種の憧れ感がそうさせているのかな?

2007/11/19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です