Warning: Declaration of AVH_Walker_Category_Checklist::walk($elements, $max_depth) should be compatible with Walker::walk($elements, $max_depth, ...$args) in /home/yume0731/tetsuyayumenikki.com/public_html/wp/wp-content/plugins/extended-categories-widget/4.2/class/avh-ec.widgets.php on line 0

Warning: Declaration of AVH_Walker_CategoryDropdown::walk($elements, $max_depth) should be compatible with Walker::walk($elements, $max_depth, ...$args) in /home/yume0731/tetsuyayumenikki.com/public_html/wp/wp-content/plugins/extended-categories-widget/4.2/class/avh-ec.core.php on line 0
(映画パンフレット) 『コマンドー』 - 素晴らしき映画パンフレットの世界と不可思議な夢の世界『哲哉の夢日記』

(映画パンフレット) 『コマンドー』

コマンドー(改)1
コマンドー(改)2

 マーク・L・レスター監督作品『コマンドー』(1985年)

 原題「COMMANDO」

 (出演)アーノルド・シュワルツェネッガー、アリッサ・ミラノ、レイ・ドーン・チョン、

 (音楽)ジェームズ・ホーナー

 (主題歌)「We Fight For Love」パワー・ステーション

・・劇場初公開時、『バタリアン』との二本立てを地元の映画館で鑑賞。

公開前の劇場予告で主人公(シュワルツェネッガー本人ではなく本当はスタントマンだが)がデパートのエレベーターにビニールの飾り物の束を手につかみターザンのごとく飛び移るアクションを観て”これは観よう”と即決めた。そして全編観て90分弱のノンストップB級アクションに今でも時々観返すお気に入り作品。

登場人物では娘役のアリッサ・ミラノは初々しいし、ベネット役のバーノン・ウェルズも「マドマックス2」のウェズそのままだったし、パートナーのレイ・ドーン・チョンもキュートに頑張ってる。バイプレーヤーでお馴染み、ダン・ヘダヤも大きな役で出演。

パワーステーションによるエンディングの歌「WE FIGHT FOR LOVE」もいかにも80年代ポップスといったノリでいいね。もしかしたら80年代映画ソングのなかでも重要な一曲なんじゃないかな。

シュワルツェネッガーが島に上陸して装備を装着する際のフラッシュカットは高校の頃のビデオ遊びで真似したりしたっけか・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です