(映画パンフレット)(007シリーズ)『007 死ぬのは奴らだ 』

007死ぬのは奴らだ1
007死ぬのは奴らだ2

 ガイ・ハミルトン監督作品『007 死ぬのは奴らだ』(1973)

 原題「Live and Let Die」

 (出演)ロジャー・ムーア、ヤフェット・コットー、ジェーン・シーモア

 007シリーズ第8作。(ジェームズ・ボンド)ロジャー・ムーア(3代目初出演)

 オープニング主題歌「007 死ぬのは奴らだ」 by ポール・マッカートニー&ウイングス

 (タイトルデザイン)モーリス・ビンダー (爆発しての髑髏は斬新かつインパクト)

・・全編にブラックスプロイテーションタッチの映画。あとキーワード的に、ブードゥー教、タロットカードなどかな。名シーンでいうと、磁石時計の背中のジッパー外しや鰐の綱渡りかな。

・・やっぱりボンドガールの『ある日どこかで』のジェーン・シーモアだな。ホントに綺麗だよね。ボンドガール史上(今のところ)一番の美しさと云いたいとこだけど、でもやっぱり『ユア・アイズ・オンリー』のキャロル・ブーケも外せないけどね。

・・あらためて観直すとモーターボートのくだりがけっこう長かったね。ジャッキーの「プロテクター」かと思っちゃったり。

・・味方なのか敵なのかどっちつかずのソリテア(ジェーン・シーモア)を見てるとなんだかヒッチコックの「北北西に進路をとれ」のエヴァ・マリー・セイントの立ち位置のようにも思えたことも(そういえば、この映画のラストも列車内のくだり)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です