<夢占い>正木ひろし著「夢日記」を貰う

(その1)
・・或る大学教授らしき人物が正木ひろし著「夢日記」をたまたま2冊持っているという。そして、もし良かったら(欲しかったなら)言ってくれと言う。さっそく自分は欲しいと言って1冊貰い手にとる。本は箱ケース無しの赤いカバーの本だった。

(その2)
・・どこに向かってるのか?、道を猛スピードでブっ飛ばす車の後部座席に自分も乗ってる。他に運転手と助手席の計3人。誰だかわからない。

海沿いのカーブを100キロのスピードを出して車は走っていく。前座席の2人は言う。「このペースなら~~ホテルまでノンストップで行ける。」

後ろから見てて危なくてしょうがない。事故になりそうで不安で思わず減速するよう注意する。

そして急坂の道(見た目は角度が垂直に近い貯水溝のよう)にさしかかった時、怖くなり自分だけ車から降りて道についた凸部分に手と足を引っ掛けながら慎重に道を降りる。車もそのまま道を降りていく。ただ、下った車も坂を上がっていかなくてはいけないので3人でロープか何かで車に結んで引っ張っていかなければならないハメになる。


<夢分析>・・・この日、オークションで正木ひろし著「夢日記」を落札し、送料込みの金額を払う手続きをした。本物は挿絵のある緑の表紙。

2007/11/4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です